病気やケガを治すのはだれ…?

こんにちは!
健康をデザインする整体師つばさです!


病気やケガを治す人はだれか?
結論から言うと、病気やケガを治すのは、あなた(自分自身)ですよ!

あなたは、病気になったときやけがをしたとき誰に治してもらっていますか?

病院に行けば、お医者さん?
骨が折れたら、整形外科医さん?
カラダが歪めば、整体師さん?

他にもたくさんいますが、
たとえば、お医者さんや整形外科医さん、整体師さんは、
手術をしてくれたり、骨を固定してくれたり、症状や痛みを和らげてくれたりしますね

じゃどうして「病気やケガを治すのは自分自身」なの?

病気やケガを治すとき、最終的にカラダを治してくれるのは、自分自身の自己治癒力だったり、細胞だったり、何を食べたかで決まるからです!

お医者さんや歯医者さん、整体師さんは、その時の症状を取り除いたり、よりよく治るために処置をしているだけです

それをきっかけに良くなるかもしれませんが、
逆に、生活や原因を改めなければ、また同じ病気になるかもしれません

どう生活を送るか、原因を改めるか改めないか、何を食べるか、最終的に決めて行動するのは、自分ですよね
どんなに権威のあるお医者さんがアドバイスをしても、どれだけ的確に原因を見つけても、自分がそれをしないと意味がありません

なので、病気やケガを治すのは、最終的には自分なんですね
というよりも、自分にしかできないんです

なかなか実感できるものじゃないですが、自分のカラダって知らないところで、むちゃくちゃ頑張ってるんです!

「何かあれば病院に行けばいいや!」ではなく、
自分のカラダのことは、まずは自分で大切にしてくださいね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です