健康法を実践する最初の3ステップ

こんにちは。

こんなご時世、「健康」、「免疫力」は気になるキーワードじゃないですか?


〇〇健康法に頼るのは良くないことは、以前書きましたが、

「じゃ、どうすりゃいいんだよ!?」と聞こえてきそうですね。

健康のために何かをするときに、気を付けることは何か、紹介します。

大事なことと実践しやすいことを3つだけ!


1.カラダに悪いものを摂らないこと
2.色々なものを食べること
3.食事は腹八分目にすること



まず、「1.カラダに悪いものは摂らないこと」

良いものを摂ること以上に、悪いものを摂らないことが重要です。

カラダを悪くしてしまうものを取り続けると、どれだけ良い物を摂っても効果は半減です。

カラダに悪いものが何なのかをまず知りましょう!!


次に「2.色々なものを食べること」

使い古されたような話ですが、偏った食事をせずに、バランスよく色々な食材を摂ること。

身体が働くときには、栄養素がそれぞれ単体で作用しているわけではありません

例えば、マグネシウムは、骨の形成に重要なミネラルです

が、その他にも、ビタミンが働くための手助けをしたり、ミネラルのバランスを整えたりと、やっていることや作用は、数百もあります。

他の栄養素にも、それぞれにたくさんの仕事があるので、バランスよく栄養が必要なんですね。

つまり、様々なジャンルの様々な食材を摂ることで、自然と栄養のバランスの取れた食事になります。


最後に「3.食事は腹八分目にすること」


食べ過ぎは、内臓に負担をかけ、そこから弊害が発生します。

食事の量を減らすことで、働きすぎの内臓を休ませる時間を作ってあげましょう

ただ、食事は楽しい時間でもあり、腹いっぱい食べることは幸せなことですよね!

我慢しすぎず、「たまに思いっきり食べる」というスタイルをおすすめします!

ご飯の量を変えるのは、意外と難しいかもしれませんね。

週に1日からでも、少しずつ始めてみてると、気持ちも楽にスタートできるはずですよ。


最初は、基本的な考え方を知って、ゆるく始めてみませんか?


#栄養のおはなし #健康法 #基本 #10

#富山 #婦中 #整体 #CUE #健康
#カラダの声を聴く
#あなたのカラダにキッカケを

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です