ミネラルの仲間たち④ ~ナトリウム~

こんにちは♪

塩の主成分として知られるナトリウムについてです。

塩分の摂りすぎとよく言われ、敵にされがちですが、体内の水分調整には大切なナトリウムです。

そして、『実は敵ではない塩』については、これまた改めて書きますね!


【主な働き】

●体内の水分量を調整・・・体液のナトリウム濃度に反応して、水分の量を調整しています。濃度を保つことで、細胞での栄養などのやり取りをスムーズにしています。

●筋肉を正常に動かす・・・筋肉を動かすときに、カルシウムと一緒にナトリウムも働ています。


【欠乏症・不足すると】

特に、日本人は通常不足することはありませんが、不足するとけいれんや食欲不振になります。


【多く含む食品】

●ほとんどが塩として摂取されます。しょっぱいものはだいたい入ってますね。

●隠れて多く含まれているものには、バター、パン、めんなどあります。


【注意点】

●梅干しや漬物に代表されるように、昔から保存料としても使われてきました。
保存を効かせたいもの、お惣菜や外食なども量が多くなりがちです。

●現在売られている安い食塩は、塩化ナトリウムのみでできているため、自然塩とは少し違ったものだと認識してもらうといいです。


【ポイント】

●汗がしょっぱいことから分かるように、人の体液や血液には塩分が含まれていて、無くてはならない存在です。
水分量の調整や細胞での栄養のやり取りをてだすけしています。

●塩分量の問題については、単に、減塩するのではなく、良い塩を意識してみるといいですよ。


今日のはなしが、あなたがより健康になるキッカケになりますように♪

それではまた!(^.^)/~~~


#栄養のおはなし #ミネラル #36

#富山 #婦中 #整体 #CUE #健康
#カラダの声を聴く
#あなたのカラダにキッカケを

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です